屋根塗装 見積術

屋根の塗装をリフォーム会社に見積もりしてもらう時に大事なことに、「あいみつ」をとるというのがあります。
漢字だと「相見積もり」です。

つまり一社だけではなくて複数のリフォーム会社で見積もりしてもらうという作業です。
一見するとめんどくさいですよね。
最終的に一つに決めるのに複数に依頼するわけなので、一つ以外が無駄みたいに感じますし。断らないといけないというストレスもあります。
でも、これをめんどくさがってしないのとするのとでは雲泥の差になります。

あいみつでいいのは、単にこっちがやすいとか高いとか表面上の値段だけではありません。
どのようなリフォームを行うからこの値段になるのかというリフォーム会社のプランを比較できるとうのが実はとても大事です。

例えば、安いと思って頼んだのに、いざ工事を始めた後で、ここがこうだから追加料金がかかると言い出されたらどうでしょうか?
見積りの根拠、プランを見ずに金額だけで選んでしまうとこういったことにもなってしまいます。
リフォーム後の耐久性とかを考えて必要な工事を含んだプランをあらかじめ提示する会社と後出しで引き受けたことをいいことに追加料金を請求してくる会社とどちらが良心的かは言うまでもないですよね。

なので、プランの比較はとても大事です。
逆に一社だけだと何が足りないのか、漏れているのかというのが分かりません。
人間はあるものは良し悪しできますが、漏れているものに気づきにくいものです。

有楽町DNタワー21部分(丸の内仲通り側)
20160402_075045 20160402_075010

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です